エッセー?評論

 今年最後の海外公演を終えて、帰国の途の中継地、アムステルダム国際空港でこのコラムを書いている。

 前回の寄稿から3カ月も経ってしまったが、その間も海外や国内を周って、カタルシスの域

 かつて中国には「成長した娘は家に置くな(女大不中留)」という言い回しがあった。娘は生家を支える一員にはなり得ない、だからなるべく早く嫁がせろ、ということだ。女のライフコースは生まれた家と嫁いだ

 2020年がやって来ました。新しい年を迎えるにあたり、姉妹で「10年前は何をやっていたか」という話になりました。

 妹は10年前、歯科衛生士でした。その後、一念発起して韓国に留学し

 先日、図書委員の生徒さんに招かれ、とある学校の図書室へ行った。中学1年生から高校3年生まで、皆少年だった。

 彼らは私の小説について、意味深い質問をたくさんしてくれた。

カマキラズの斧
貴志祐介

 今年の春、衝動に駆られて庭の枯れ木を数本伐(き)り倒し、輪切りにして、薪を作ったことがあった。その後はずっと庭の片隅に放り出してあったのだが、先日突然思い立って片付けようとすると、正体不明の白

木皿食堂
木皿泉

 ダンナが子どもの頃の話である。友人から、「そうかぁ」と心の底から感心するように言われたそうだ。「お前は、24時間障がい者なんやなぁ」と。つまり、自分が見えてないときも、この友人は不自由を強いら

 私はもともと敏感肌なのだが、妊娠中に敏感というより、鋭敏というレベルになってしまい、産後も症状が落ち着かなかったので、ネットで評判のいい病院を探して通いはじめた。評判通りとても頼りになり、全体

 神戸の両親が久しぶりに上海に遊びに来た。82歳になる父は歩くとき、つえをつくようになった。そんな父にタクシーの運転手からレストランの店員、マッサージ店の受付のおばちゃん、通りすがりの人まで、街

ごまめの冒険
福田和代

 実は、面倒くさいことが、何よりも嫌いなものでして。

 消費税が10%になって、ひとつだけ良かったことがあります。

 「いやあ、8%の時より計算しやすくなったよね?」

汀にて
鷲田清一

 台風、豪雨。夏が過ぎても、多くの住民が避難を余儀なくされるような大きな災害が続いている。それも一つ通り過ぎてもまた次にと、追い打ちをかけるかのごとく。

 テレビで報道を食い入るよう

天気(1月29日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 20%

  • 12℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 10℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 40%

お知らせ