Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

寒い冬には…ラーメン食べたい!

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年12月26日

 冷えた体を温めてくれそうなラーメンの話題を集めました。登場したばかりの限定メニューから、神戸のソウルフードまで。「もっこすには仙人がいる」神戸の都市伝説も検証しました。

「もっこすには仙人がいる」神戸の都市伝説を検証


もっこすの看板メニュー「中華そば」(もっこす提供)

もっこすの看板メニュー「中華そば」(もっこす提供)

 「もっこすには…仙人がいる」。パワーワードがちりばめられたこの都市伝説をご存じでしょうか。いまさらですが、もっこすとは神戸が誇る中華そば店。歌手のMay’n(メイン)さんや兵庫県出身でラジオの人気パーソナリティ鷲崎健さんらが愛を熱く語る、この街のソウルフードでもあります。

▼記事を読む▼
「もっこすには仙人がいる」神戸の人気中華そば店


豚骨スープに甘い香り「酒粕ラーメン」開発


八角ラーメンが本田商店とコラボした「酒粕ラーメン」=加古川市加古川町南備後、八角ラーメン加古川店

八角ラーメンが本田商店とコラボした「酒粕ラーメン」=加古川市加古川町南備後、八角ラーメン加古川店

 兵庫県播磨地域を中心にチェーン展開する「らーめん八角」(同県加古川市)が、日本酒「龍力」で知られる「本田商店」(同県姫路市)の酒かすを加えた「酒粕らーめん」を開発しました。ベースの豚骨スープに甘い香りがほんのり。2月末までの限定販売で、「地元企業がコラボした味で温まってほしい」とPRしています。

▼記事を読む▼
豚骨スープに甘い香り「酒粕ラーメン」開発 加古川「らーめん八角」


口コミで人気「うまかチャンポンば、食わすっばい!」


看板メニューのチャンポン麺

看板メニューのチャンポン麺

 「チャンポンがうまい店がある」。口コミで人気が広まり、関東から訪れる客もいる店の名は中華料理店「獅子林」(神戸市西区大沢2)。「俺はグルメ。自分の舌に絶対の自信がある」「ラーメン好きが高じて自分で店をつくったんや」「ラーメンは庶民の食べ物。安くてうまいのを食べてもらう。それもこだわり」社長のアツい語録に、味への期待も高まります。

▼記事を読む▼
「うまかチャンポンば、食わすっばい!」口コミで人気の中華料理店 神戸


播磨灘の島で「干ガレイ」ラーメン誕生


島伝統の干ガレイだしを使ったラーメン店を開業した小林典広さん=姫路市家島町坊勢

島伝統の干ガレイだしを使ったラーメン店を開業した小林典広さん=姫路市家島町坊勢

 播磨灘に浮かぶ坊勢島(兵庫県姫路市)で、古くから島民が親しむ魚の干物「干ガレイ」からスープを取ったラーメンが誕生しました。島内で水産会社を営む小林典広さん(56)が「長年愛されてきた島の食材を広く知ってもらいたい」と、10月末にラーメン店を開業。煮干しやあご(トビウオ)といった魚介系スープの一角として注目を集めそうです。

▼記事を読む▼
播磨灘の島で「干ガレイ」ラーメン誕生 水産会社社長が開業



明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ