故郷への誇り育む兵庫に

兵庫県立美術館(神戸市中央区)の設計者で世界的建築家の安藤忠雄さんと井戸敏三知事が対談。
館内に昨春オープンした第2展示棟「Ando Gallery」で、
安藤さんが手掛けた作品のこと、震災復興への思いなどについて語り合った。

安藤忠雄

建築で原風景を造りたい

知事

Ando Galleryは、淡路夢舞台など安藤作品の歴史的価値を順に眺めることができ、最新の活動ぶりも理解できる素晴らしいギャラリーになっています。どのような経緯で建築家を目指されたのですか。

安藤

中学2年生の時に、自宅の平屋の長屋を2階建てに増築しました。その時に大工さんが昼飯も忘れて一心不乱に働いている姿を見て建築の仕事に興味を持ったのです。ただ、学力も家の経済力もないから大学には行けない。じゃあどうするかということで、京都や奈良の建築を見ながら自分なりに勉強しました。

知事

なるほど。

安藤

あちらこちらにアルバイトにも行きました。実は、1965年に三宮地下街がオープンする2年ほど前から、地下街で働いていました。たくさんの店の内装デザインに関わっていまして。神戸には最初から根付いていたのです。

知事

兵庫県の公的施設で安藤さんに最初に造っていただいたのが、県立こどもの館。発想が面白い建物で、「不思議の国のアリス」のようだと思いました。

安藤

建築は思いがけない所がなければ面白くないですからね。でも、あればあったで不便になる。あそこは姫路の中心部からも結構離れているので、どうせ遠いならばと不便でも面白い方を取りました。

知事

県立美術館は阪神?淡路大震災からの復興のシンボルとして造っていただきました。コンセプトはどのようなものでしたか。

安藤

神戸に生まれ育ってよかったなと実感してもらうために、海と山を同時に見られて、屋外を歩きながら一日中文化と戯れられる、ということを考えました。

知事

県内には他にも芸術文化の拠点施設がいくつもあります。震災からの復興においては、芸術文化が人々の気持ちを後押しし、大きな役割を果たしてくれました。その力をさらにうまく震災復興に活用できればと思っています。

安藤

震災の時に県が掲げていたのが創造的復興です。当初、3日に1回は被災地を歩き、その風景を自分の心の中に徹底的に残すことにより、ずっと復興に関わっていければと考えていました。それが県立美術館の設計にもつながっています。

井戸敏三

震災の教訓 確実に継承を

安藤

兵庫県は広いですよね。日本を代表する姫路城や、国内有数の城崎温泉など、面白い所がいっぱいあります。

知事

兵庫は五つの国からできているので、それぞれの地域で歴史や文化、風土が違い、特色を持っています。これを生かしていかないといけないですよね。

安藤

明石海峡大橋は世界一のつり橋です。これを渡って淡路島に行けるというのは非常に良いと思います。それを支えているのが、多くの職人たちです。

知事

安藤さんに設計していただいた淡路夢舞台では、毎年2月に関係者が一堂に会して研修会をされていますね。それも職人に対する思い入れからですか。

安藤

今年でちょうど20年になります。毎年、建築に携わった人たちが400人くらい集まります。彼らは自分たちが造ったものに誇りを持っていますから、次の日にはメンテナンスをして帰るのです。われわれも同様に誇りがあって。土取り跡に木を植え、そこが緑いっぱいになるという例は世界中にあまりないので。

知事

人が自然を破壊した土地が、安藤さんのご指導もあって、今のような淡路夢舞台と国営明石海峡公園に再建されています。未来発想のプロジェクトの結果だと思います。

知事

安藤さんから寄贈いただいた「青りんご」のオブジェのおかげで、美術館の屋外スペースがシンボル的な空間になりました。

安藤

あの青りんごは青春のりんごなんです。「青春の詩」で有名な米国の詩人サミュエル?ウルマンが言うように、青春は若者だけでなく誰にでもあって、年を取っても目標を持って楽しく生き続けるためには心の中を青春にしておかなければと思い、その象徴としてデザインしました。

知事

子どものための図書館は、その延長線で出たアイデアでしょうか。

安藤

はい。あの震災を忘れないためにも、子どもたちのためにも、記憶を受け継いでいかないといけません。そこに行ったら震災の資料がそろっていて、当時のことが分かるような図書館を、と考えています。

知事

阪神?淡路大震災以降も、兵庫県はさまざまな自然災害に見舞われてきました。今また大地震が起きたときにきちんと対応できるかどうか。原点に返って、もう一度対策を十分に進めていかなければいけません。特に、震災を知らない25歳以下の人たちは、先人の苦労や経験を身に付けて、自分たちの時代に生かしてほしいと思っています。

安藤

そうですね。それから、図書館に置くために今、世界の人からそれぞれの国を代表する絵本や、歴代のノーベル賞受賞者などさまざまな著名人から子どもの頃に読んでいた本を集めているところです。

知事

子どもに夢を与えられますね。震災から25年、子どもたちにメッセージをお願いします。

安藤

自分が生まれ育った街をしっかりと見て、心の中に残しておいてほしい。それがふるさとへの誇りにつながります。そのために私は、子どもたちの心の風景に残るものを建築で造りたいと考えています。「県立美術館の青りんごを思い出して、久しぶりにパリから帰ってくる」というふうになればいいなと思っています。

あんどう?ただお

あんどう?ただお
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、69年に安藤忠雄建築研究所を設立。79年「住吉の長屋」での日本建築学会賞を皮切りに、国内外で数々の賞を受賞。兵庫県内にも県立美術館や淡路夢舞台をはじめ、手掛けた作品は多い。建築という枠組みを超え、環境再生や震災復興といった社会活動にも積極的に取り組んでいる。東京大学名誉教授。